View Sidebar
フォーサイトの「マンション管理士」通信講座

Post Tagged with: 年収

独立・開業について

独立・開業について

マンション管理士は独立・開業を目指すことのできる資格です。
マンション管理士全体の平均年収は約400万円と言われていますが、独立・開業しているマンション管理士のなかには、1,000万円以上の年収を稼いでいる人もいるようです。
このページでは、独立・開業マンション管理士として、高年収を稼ぐポイントについて見ていきたいと思います。

収入は、「単価×顧客数」によって求められます。
すなわち、収入を増やそうと思ったら、単価もしくは顧客数(あるいはその両方)を増やす必要があります。

では、マンション管理士の仕事の「単価」とは一体どれくらいなのでしょうか?
決まった価格というのはないのですが、東京都防災・建築まちづくりセンターが実施している「分譲マンション管理アドバイザー制度」の料金体系が参考になるので紹介します。

「分譲マンション管理アドバイザー制度」というのは、文字通り、各種専門家がマンション管理に関するアドバイスを有料で行ってくれるサービスです(各種専門家のなかには、もちろんマンション管理士も含まれています)。
そしてその料金は、1回2時間で13,650~21,000円となっています。

翻ってマンション管理士の報酬を考えたとき、顧客が区分所有者という個人の場合には、上記の金額が妥当なところでしょう。
しかし、顧客が管理組合という組織の場合には、事情が変わってきます。管理組合は、必要があれば予算措置を講じてくれますし、そこにはより多くのお金が集まります。
その意味でも、管理組合をターゲットに営業活動を行うことで、顧客1件あたりの単価を増やすことができます。

もちろん、区分所有者をないがしろにして良いというわけではありません。「顧客数」という観点に立てば、個人の顧客も重要になってきます。
そして「顧客数」を増やすためには、業務の幅を広げて、門戸を広く開放しておく必要があります。
士業が独立・開業する際、一般的には「業務内容を特化することが必要」だと言われます。しかし、殊にマンション管理士に限っては、「浅く広く」の姿勢でもって、多くの顧客と接点を持つことが大切です。

2014年5月7日0 commentsRead More
マンション管理士の将来性

マンション管理士の将来性

現在、マンション管理士の平均年収は約400万円と言われています。
平均年収400万円と言えば、一般的なサラリーマンとほとんど変わらず、有資格者の年収としては少々物足りなく感じる向きもあるかもしれません。

このことに関して、とあるベテランのマンション管理士はこう言っています。
「成業に向けて本気で努力しているマンション管理士がまだまだ少ない」と。

この人は、いわゆる「勝ち組」のマンション管理士なのですが、努力次第・工夫次第で、マンション管理士はもっともっと稼げるということなのだと思います。

確かに、約600万戸ものマンションが存在する日本の住宅事情を考えると、マンション管理士のビジネスチャンスはあちこちに転がっていると考えても良いのではないでしょうか?

それを裏付ける、こんなデータがあります。
国土交通省の調査によると、全マンションのうち、実に8割ものマンションが何かしらのトラブルを抱えていることがわかっています。そして、各種専門家の活用状況について尋ねたところ、約半数が「活用したことがない」と回答しています。
なかには、自前でトラブルを解決できているマンションもあるかとは思いますが、それ以外のところについては、マンション管理士が入り込む余地が十分にあると言えます。

さらに、現在、マンション管理士を活用していない管理組合に対してマンション管理士の認知状況を尋ねたところ、3割以上が「知らない」と回答しています。

管理組合が、マンション管理の専門家であるマンション管理士の存在を知らないという事実には驚かされますが、しかしこれは、ある意味で仕方のないことなのかもしれません。
というのも、マンション管理士の資格が誕生したのは平成13年のこと。他の国家資格と比較しても、その歴史は浅く、マンション管理士の人数もまだそれほど多くない、というのが現状なのですから。

しかし裏を返せば、今後、マンション管理士の知名度が高まり、「知らない」と回答した管理組合にも認知されるようになれば、その活躍の場はもっと広がるはずです。その結果として、平均年収がアップすることも想像に難くありません。

マンション管理士の年収

マンション管理士の年収

日本のマンション戸数は右肩上がりに増え続け、昭和50年代に100万戸の大台を突破。平成23年時点で、その数は約600万戸にものぼっています。
戸数の増加に伴い、マンションに関するトラブルも目立つようになりました。
「瑕疵補修をめぐる販売会社・建設会社の対応の問題」
「住民の管理費積立金を横領する管理会社の問題」
「建替えできないマンションの問題」
など、マスメディアを通じて、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そうした問題を解決するために、国が定めた法律が「マンション管理適正化法」であり、その法律によって規定された資格が「マンション管理士」です。
つまり、マンション管理士というのは、国レベルのミッションを遂行するために創設された、たいへん意義のある資格なのです。

その意味でも、マンション管理士の資格がとても注目度が高く、そしてやりがいのある仕事であることは間違いありません。

では、肝心の稼ぎ、年収はどのくらいなのでしょうか?

実は、マンション管理士というのは、誕生から10年あまりのまだ新しい資格です。そのため、マンション管理士の人数自体がそう多くないこともあって、年収に関しての正式な統計調査はこれまでに実施されていません。
ただし、現役のマンション管理士の声などを集めてみると「平均年収は約400万円」というのが、おおよそのところのようです。もちろん、平均ですから、それより下のケースもあれば、1,000万円近い年収を稼いでいるケースなどもあるようです。

時折「マンション管理士は食えない資格だ」という声を聞くことがあります。確かに、マンション管理士の資格を取得した人のなかには、十分な年収を稼ぐことができていない人も多数存在します。「平均年収は約400万円」というのは、その結果に他なりません。
しかし今時、取得しただけで、あとは安泰なんていう資格はありません。結局は、資格取得後の頑張り次第なのです。

ただし、マンション管理士が「おいしい資格」であることは間違いないと思います。
なぜなら、顧客となるマンションの数は年々増え続ける一方で、競争相手となるマンション管理士の人数はまだあまり多くないのですから。