View Sidebar
フォーサイトの「マンション管理士」通信講座

Archive for 9月, 2014

マンション管理士の国家試験のための勉強

マンション管理士の国家試験のための勉強

マンションの管理の仕事として、管理組合や所有者の相談にのって適切なアドバイスをしたり、様々な問題の解決を行う仕事があります。
これはマンションについての専門の知識が法律の知識も必要となるため、マンション管理士と呼ばれる人が行います。このマンション管理士は国家資格でもあり、その国家資格は「名称独占資格」であるため、マンション管理士を名乗るにはマンション管理士の資格を持っていなければなりません。

このマンション管理士は平成13年より開始された国家資格でまだ、できて10年ほどの資格となります。
現在は受験資格等の制限はなく、誰でも受けられるものとなっています。そのため、取りやすい資格とも言われています。

これは現在の状況ですから、今後どういった制限がつけられるのかわかりません。
ですから、今後マンション管理士の資格を取ろうと思っているのであれば、なるべく早い方がいいかもしれません。
今後は資格取得は現在よりも安易になることは考えにくいですし、難しくなることは考えられます。

マンション管理士を目指すのであれば国家資格取得を目指すための勉強が必要となります。
誰でも受けられるからといって一夜漬けで受かるようなものではありませんし、資格取得に必要な勉強時間は600時間とも言われています。
実際は個人差もありますが、社会人でこれだけの時間を作るとなるとかなり大変です。効率よく時間を使っての勉強が必要となります。
独学や学校といった方法もありますが、決まった時間の取りにくい場合、独学や通信講座などがよいかもしれません。
独学でもよいのですが、公的なものを利用する方が、試験に対する情報などが入手しやすくなります。

2014年9月9日0 commentsRead More
マンション管理士の国家試験の対策をしよう

マンション管理士の国家試験の対策をしよう

マンション管理士はマンション管理のプロとしての国家資格です。
マンション管理士の名称またはそれに類似した名称を使用するには、このマンション管理士の資格が必要となります。
これは、マンション管理士は「名称独占資格」であるということから、資格のないものがこの名称や類似した名称を使用することは禁止されています。
ですから、マンション管理士を名乗るからには、きちんと資格を有しているということがいえます。

マンション管理士は国家資格ですからその資格を取得するには国家試験を受け合格をしなければなりません。

その試験の対策として様々な勉強法があります。まずは独学で勉強する方法があります。これは参考書や問題集などを購入し、自分でプランを立ててきちんと勉強していかなければなりません。
ですから、自己管理のできる人向けということになります。

また、様々な資格取得のための通信講座ではこのマンション管理士の資格も用意されており、講座をうけることができます。
これも自己管理が重要な勉強法となります。

自己管理の苦手な場合の勉強法としてはやはり、どこかの資格取得のための学校に通うことです。
多くの場合、オンデマンド型の学習法となっているため、基本的には自習方式での学習となりますから、自己管理が必要となるのですが、その勉強を行う場所が重要なのです。
同じ独学であったとしても、自宅と学校では、気分も異なってくるため、全然効率が異なります。
また、質問等があってもその場で回答してもらえるか、担当者がいなければ、メールで質問を送り、後日その返事、つまり回答が返ってくるため疑問点は解決しやすくなるといえます。

マンション管理士資格取得の難しさ

マンション管理士資格取得の難しさ

マンション管理士は、マンションの管理を行う管理組合などの問題などに関して助言などを行います。
この仕事自体に資格は必要ありませんが、マンション管理士やそれに類似した名称を使用するにはマンション管理士の資格が必要となります。
これはマンション管理士が「名称独占資格」であるからです。
ですが、「独占業務」ではありませんから、この資格を有していなくても業務に携わることは問題ありません。

マンション管理士は国土交通省における国家資格ですから、その資格を取得するには国家試験を受け、合格しなければなりません。
平成13年の開始から、すでに10数年経過していますが、意外とその合格率は低く、開始から現在まで最高でも9%程度、悪くても7%となっています。
これは内容はともかく、合格率においては一級建築士や土地家屋調査士と並んで、難関試験ということができます。
但し、この試験においては管理業務主任者の試験の合格者は、試験の一部である「マンションの適正化の推進に関する法律」からの出題5問の免除があるので、管理業務主任者の資格取得者が受験するケースが増えています。それでいてこの合格率ということはこの試験の難しさを物語っているとも言えます。

実際にこの資格取得を目指す場合、受験のための勉強に必要な時間は600時間ほどと言われています。
これは一日4時間の勉強を1か月に20日行うとすると7.5か月に相当します。
もちろんこのペースで勉強を続けるのは社会人や学生にとってもかなり厳しいでしょうから、ほぼ丸一年は本気で取り組まないといけないことになります。

マンション管理の仕事の資格

マンション管理の仕事の資格

マンション管理の仕事は管理業者、管理組合が行いますが、それ自体に資格は必要ありません。
ですが、マンションの管理においてはその知識をきちんと備えていることの証明でもあるマンション管理士といった資格があります。
これは国土交通省における国家資格となっています。

マンション管理士の仕事としては、直接マンションを管理するかどうかといったことではなく、マンションの管理を行っている管理組合や管理者、また、住民などの相談に乗ったり、問題を解決するためのサポートといったような様々なものが挙げられます。

このマンション管理士は「名称独占資格」であることから、この資格を持った人以外がこの名称を使用することは認められていませんが、その業務自体は「独占業務」とはなっていないため、マンション管理士以外がその業務にあたることは問題ありません。
ですが、資格を持っているということはしっかりとした正しい知識を持っているということであり、そのひとつひとつの助言についても信頼性といった点が異なります。

このマンション管理士になるには国家試験を受け合格、マンション管理士として登録することが必要となります。
ですが、このマンション管理士の国家試験の合格率はそれほど高くなく、平成13年(2001年)の始まりから受験者数は減少しているのですが、合格率はずっと8%前後となっており、難易度の高い資格ともいえます。
不動産関連の資格で「宅地建物取引主任者」の資格の取得のためには300時間の勉強時間が必要といわれていますが、「マンション管理士」の場合、その倍の600時間といわれています。このことからも難易度の高さが想像できます。

マンション管理士の試験内容

マンション管理士の試験内容

マンション管理士の国家試験において出題される試験科目の内容については、まずマンション管理に関する法令及び実務に関することから出題されます。
法令ですから、様々な法律が対象となります。
建築関連の総合的なところでは、建物の区分所有等に関する法律を始め、民法や建築基準法、不動産登記法や都市計画法、消防法といったところになります。

他には、マンションに関する法律でマンションの建替え円滑化等に関する法律、マンション標準管理規約などから出題されます。もちろん、他にも様々な法律から出題されることになります。

管理組合の運営の円滑化に関することからも出題され、これはもちろん管理組合の運営に関した内容となります。
管理組合の組織や、またその業務や役割について、苦情に対する対応や対策といったことから、訴訟や過去の判例といったものまで様々です。
会計についても対象となっています。

マンションの建物及び附属施設の形質及び構造に関することでは、マンションの構造や設備に関してのことから長期修繕計画、建物や設備の診断、また大規模な修繕といったところから出題されます。
マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することからはマンションの管理の適正化の推進に関する法律やマンション管理適正化指針といったところですね。

ですからマンションに関してかなり広範囲の分野が対象となっています。
そのため難易度も高く、合格利率は初年度から現在まで10%を超えることなく、8%前後を推移してきています。
合格率だけとってみると1級建築士なみとなっています。